祝開店!大放出セール開催中 STUSSY★ステューシー★Stock Washed Hat Bucket Crusher ハット
祝開店!大放出セール開催中 STUSSY★ステューシー★Stock Washed Hat Bucket Crusher ハット
67074086-8909-bKE
6,435円 9,900円
STUSSY★ステューシー★Stock Washed Crusher Bucket Hat(67074086)

正規品だけを取り扱うショップにて買い付けいたします。
100%正規品ですのでご安心ください☆

ご注文を頂いてからの買い付けとなります。

☆お手元に届くまで☆
ご注文、ご入金後買い付け
   ↓
買い付け先から出庫
   ↓
韓国のWanakioオフィスにて検品、再梱包、発送
   ↓
 お受け取り


コットン100%

*お使いのモニター環境によって色が違って見えることがあります。












ヘクソカズラ(屁糞蔓)は漢字で「屁糞蔓」と書く。読んで字の如し、悪臭は「おなら」の臭いに似ている。オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)に負けず劣らずのユニークな名前を貰っている。

白い可憐な花を咲かせるのに、葉や茎、とくに果実を手でもむと、強い悪臭を放つので、こんな変な名前がつけられた。

送料無料 本物主義 高級 ウールカーペット ラグ マット 絨毯 リビングラグ KWF-917 ヘム加工(HUシリーズ) 巾240×長さ120cmまでへクソカズラ(屁糞蔓)の名前は、茎や草をちぎって揉むとひどい悪臭がするところからに由来する。

悪臭のゆえに大変ユニークな名前を貰ったわけだが、名前はユニークだが花は可愛らしく、その姿を早乙女の笠に見立てた「サオトメバナ(早乙女花)」や「サオトメカズラ(早乙女蔓)」などの上品な別名も持っていて、平安貴族が歌に詠んだ気持ちも何となく分かるような気がする。他にも花の中心の姿形をお灸の痕に見立てた「ヤイトバナ(灸花)」の名もあるそうだ。また、悪臭があるために馬が食べないところから「馬食わず」 とも呼ぶこともある。

白州ノンエイジ2本セット箱付きSixTONES CITY 専用出品

東南アジアが原産地で日本の各地や東アジアに分布している。日当たりのよい林の縁や草地、道端のフェンス、公園などによく蔓が絡まって生えているのに夏になると、よく見かける。蔓の長さは100~300cmくらい。蔓は下部では直径1~3cm以上になり木質化する。蔓は他の植物に左巻き(反時計回り)で絡まって伸びる。葉は対生し、長さ4~10cmの楕円形~細長い卵形、幅は1~7cmで先端は尖っている。縁は全縁。葉柄の根元には左右の托葉が合着した三角形の鱗片(葉間托葉)がある。

【関税送料込み】Casablanca バケットハット グリーン開花時期は6月下旬頃~9月中旬頃と長い。葉の腋から集散花序を出し、花冠の先の部分が浅く5つ裂けて平開した細長い鐘形の合弁花で、長さは1cm前後。花冠は灰白色で、中央部と内部は紅紫色。内部には2本の長い紐状の花柱と短い雄しべ4~5本があり、毛が多くある。萼の内側に花外蜜腺がある。

ORBIS - 【キャロライン様専用】シェイク40食

GIVENCHY - ジバンシー ハンドバッグ アイボリー×黒花は夏に咲き、秋には黄褐色のポチンコ玉のような丸い小さい果実が沢山つける。冬にも枯れずに残るため,冬の枯れ草の中で目立つ。 独特の臭気を持つことから、その名がつけられているが、その匂いの正体は、「メチルメルカプタン」という成分なのだ。虫の食害から身を守る手段と考えられているそうだが、葉には虫食い痕も見られる。虫はそういう成分が含まれる植物を食べることで、体内にその成分を取り込んで、外敵から身を守ることもある。生き物の世界は奥が深い。

果実は核果です。径5~6mmの球形で、熟すと光沢がある黄褐色になり、2個の核に種子が1個づつ入っている。生の果実を潰したものは、民間薬として古来から虫刺されや霜焼けの薬として使われてきた。

へクソカズラ (屁糞蔓)と花がよく似ていて海岸に生える近似種があって、こちらは可愛いらしい方の名前を頂戴して「ハマサオトメカズラ(浜乙女蔓)」と呼ばれている。海岸に生えるサオトメカズラ(早乙女蔓)というわけである。

SUS316L 六角ボルト(半ねじ) M30x390 【1個入】万葉集の中に1首のみ詠まれており、へクソカズラ(屁糞蔓)の名前で登場していると言うから、その歴史は古い。
「かはら莢 延ひおぼとえる 屎葛 絶ゆることなく 宮仕へせむ」 万葉集 (巻16-3855) 高宮 王

そのほかにへクソカズラ(屁糞蔓)を詠んだ和歌と俳句3首
NIKE - nike air Jordan 1 high リベリオネア エアジョーダン
「秋されば へくそかづらの 花にさへうすくれないゐの いろさしにけり」  尾山 篤二郎
「表札に へくそかづらの 来て咲ける」  飴山 寛

花言葉は人嫌い

へクソカズラ(屁糞蔓)はよく見れば結構可愛い花だが,その悪臭のためか万葉時代から現在まで文学に登場することは殆どなく,また人によく知られているのに愛されない花である。へクソカズラ (屁糞蔓)は、身近に幾らでもある。時には、独特の悪臭に接して自然を 感じて見られては………

ポストカード